ビッグファイブ理論の特性5因子の調和性とは?概要や特徴についてまとめて解説

ビッグファイブ理論とは、心理学的にも信ぴょう性が高いとされている性格分析理論です。

 

ビッグファイブ理論では、開放性、誠実性、調和性、外向性、情緒不安定性の5因子によって人間の性格を分析、説明します。

 

そのため、採用面接や人事配置などの場面で活用する企業が増えています。この記事では、ビッグファイブ理論の中でも、下記の項目を中心に調和性について解説します。

 

・ビッグファイブ理論の調和性とは

・調和性の簡易診断

・調和性が高い人の特徴

・調和性が低い人の特徴

・調和性が高い=良いではない

 

ビッグファイブ理論の全体像については、『ビッグファイブとは?対象者の性格を分析し、人事・採用にも活用できる心理学を解説』を参考にしてください。

 

また、ビッグファイブ理論では、各因子の高低差によって、人の性格を分析、説明する理論です。そのため、各因子の高低差によって、特徴が異なるだけで、高いから良い、低いから悪いというように捉えないようにしてください。

 

ビッグファイブ理論の調和性とは

調和性はチーム内でどのようなポジションで行動するかを示す因子です。調和性が高いと周りと歩調を合わせて行動し、低いと自分の判断で行動する傾向があります。

 

また、共感能力の指標にもなるため、調和性が高いほど他者に対して共感してしまう傾向が高く、低いほど、他社の意見に左右されず、独断的な傾向が高くなります。

 

このように調和性は、協調性や共感力、他者との関係でどのようなポジションに立ちやすいがみるための指標として役に立ちます。

 

調和性を調べてみよう!

あなたの調和性が高いか低いか診断してみましょう。下記の5つの質問に対して該当するものに◯をつけてください。

 

 

◯の数が多いほど、調和性が高く、◯の数が少ないほど調和性が低い可能性が高いです。ただし、簡易診断にすぎないため、正確に診断したい場合は、有料の診断サービスなどを活用しましょう。

 

株式会社ロジック・ブレイン社のビッグファイブ診断書プレゼントキャンペーン(締切:2021年12月末日)を実施中!

 

先着で100名様に、無料でビッグファイブ診断書をプレゼントいたします。詳しくは下記からお申し込みください。ぜひ、この機会をお見逃しなくご応募ください。

 

 

調和性が高い人の特徴

調和性が高い人は人を喜ばせたり、人に尽くす事を好み、自分の成功よりも、他人の成功のために尽力します。

 

共感力高く、人の気持ちに寄り添うことが得意なため、周囲からは面倒見の良い人だと思われているでしょう。このように調和性が高い人は人からの信頼を作ることに長けています。

 

また人と対立することを嫌い、円滑に進めるためなら、妥協をしたり、我慢したりと自分を抑えてしまうことがあります。そのため、自己犠牲的にならないように注意が必要です。

 

調和性が高い人が活躍できるポジション

上記の特徴から、調和性が高い人は​​チームワークが重要な業務や、人との関係構築が必要な業務で力を発揮します。

 

また、サービス業、看護師、カウンセラーといった他人に寄り添い助ける仕事が向いています。

 

調和性が高い人に向いている仕事

サービス業・看護師・カウンセラー・コミュニケーションが重要な仕事等

 調和性が高い人×他の因子

 

ここでは他の因子(誠実性・開放性・外向性・情緒不安定性)との関係性から、誠実性の高い人の特徴を解説します。

 

 

このように他の因子と組み合わせることで、より深く、自分の性格や対象者の性格が理解できます。

 

調和性が低い人の特徴

調和性が低い人は、論理的に物事を考え、他人の意見に振り回されることなく、決断する能力を持っています。他人の意見に合わせるよりも、意見をぶつけ合って議論することを好むでしょう。

 

人のために時間を使うよりも、自分のことをしたいと考えています。また、他人に依存することなく自分一人で行動できるため、周囲からは一匹狼的な人だと思われてしまいがちです。

 

そのためチームや組織で仕事に取り組む場合、孤立してしまわないように注意が必要です。

 

調和性が低い人が活躍できるポジション

上記の特徴から、調和性が低い人は、情に流されず、競争力もあるため、厳しい環境に耐え抜く力と決断力を必要とする立場や仕事が向いています。また、論理的思考が得意で、問題解決能力も高いです。

 

これらの理由から、経営者や管理職、システム構築などの業務で活躍できるでしょう。

 

調和性が低い人に向いている仕事

経営者・管理職・政治家・ライン作業など一人でできる仕事等

調和性が低い人×他の因子

ここでは他の因子(誠実性・開放性・外向性・情緒不安定性)との関係性から、誠実性の低い人の特徴を解説します。

 

 

このように他の因子と組み合わせることで、より深く、自分の性格や対象者の性格が理解できます

 

調和性が高い=良いではない

調和性が高い場合、相手と同じ反応を無意識にでき、周囲と合わせることができる人です。そのため、日本の組織では調和性が高い人ほど、出世できる可能性があります。

 

それゆえ、調和性が低いことは悪いを捉えがちです。しかしながら調和性が低いということは、カリスマ性を有し、論理的かつ、合理的な思考ができるということです。しかし業務内容や環境によっては、調和性が高い人よりも、低い人の方が良いケースがあります。

 

つまり、チームワークが求められる環境では、調和性が高い人の方が力を発揮でき、一方で個人単位でプロジェクトや目標に取り組み環境では、調和性が低い人の方が力を発揮できます。

 

このように調和性の高い、低いは、良い、悪いではなく、得意な環境と不得意な環境を示すものだと捉えるといいでしょう。

 

ビッグファイブ理論の導入ならロジック・ブレインのTOITOIにお任せ

引用元:株式会社ロジック・ブレインTOITOI公式ホームページ

 

TOITOIは、株式会社ロジック・ブレインが企画開発、運用を行っているクラウドHRMシステムです。TOITOIなら、下記の3つの視点で、対象者の個性や能力を可視化できます。

 

 

TOITOIでは、対象者の今までの環境要因や努力によって身につけた後天的な性格や特性を把握する手段として、ビッグファイブ診断を採用しています。

 

そのためTOITOIのビッグファイブ診断なら、Web上で60の質問に回答するだけで、ビッグファイブ診断を実施できます。

 

診断結果は、レーダーチャートによって表示されるため、対象者の特性5因子の高低差を一目で確認できます。

 

さらに、TOITOIのビッグファイブ診断は、特性5因子ごとの平均値を偏差値に落とし込んで、それぞれの因子ごとに偏差値を算出し、ABCの三段階で評価します。

 

それにより、対象者の特性5因子を他者と比べた際に、高いのかもしくは低いのかを客観的に判断できます。このように、TOITOIのビッグファイブ診断なら面接時の採用分析や人事配置などの場面で簡単にビックファイブ診断を導入可能です。

 

TOITOIの関しては、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

 

まとめ

この記事では、下記の項目を中心に、ビッグファイブの特性5因子の中から調和性に関して詳しく解説しました。

 

・ビッグファイブ理論の調和性とは

・調和性の簡易診断

・調和性が高い人の特徴

・調和性が低い人の特徴

・調和性が高い=良いではない

日本の組織では、周囲と合わせることができる人の方が出世しやすいため、調和性が高い=良いと捉えられています。しかしながら調和性が低い人は、周囲に合わせる力が低い分、カリスマ性があり、個人で行うプロジェクトでは、調和性が高い人よりも成果を挙げる可能性が高いです。

 

このように、調和性は得意なことや、不得意なことを知るための因子です。ぜひ、この機会に個人の得意、不得意に合わせた組織の見直しをしてみませんか?

 

今回、ビッグファイブ関連の記事をまとめてLB MEDIAで公開するにあたり、株式会社ロジック・ブレイン社のビッグファイブ診断書プレゼントキャンペーン(締切:2021年12月末日)を実施します。

 

先着で100名様に、無料でビッグファイブ診断書をプレゼントいたします。詳しくは下記からお申し込みください。ぜひ、この機会をお見逃しなくご応募ください。

 

 

 

SHARE